女性用風俗を経営しようと考えたきっかけ(広島・高松・岡山・松山)

皆さんこんにちは!SPAWhite中国四国支部です。
 
今日は、私が女性用風俗を始めようと考えたきっかけを中国四国(広島・岡山・高松を中心に近隣県(山口・島根・鳥取・愛媛(松山)・徳島・高知の皆様)にお住まいの皆様へお届け致します。

 
 
私が女性用風俗を始めようと考えたきっかけは、ある知人女性の相談話からでした。

 

「出産後すぐにセックスレスになり、既に10年が経つ、いわゆる『没交渉夫婦』です」…と彼女は語り始めたのでした。

 

子育てと仕事と家事に追われる忙しい日々を送る毎日。
 

ですが、ご主人は家事や育児には一切協力してくれず、あまり会話もない。しかも内緒で風俗に通っていると言う。

 

「自分では物足りないのか?」

「もう一生、女としての瞬間はないのかな…」

 

自分を女として見てくれないご主人を苦々しく思う一方、「性欲がある自分が恥ずかしい…」
 

「男の人に優しくされたい」「誰かから大切にされたい」そう話し終えると堰を切ったように泣き出しました。

 

 

彼女は結婚している。子供さんにも仕事にも恵まれている。でも、日々孤独や寂しさ、心の満たされなさを抱えていたのでしょう。

そして、その悩み苦しんだ状況を相談できる存在がいなかった。

 

 

その話を聞いて私は、これも男尊女卑の弊害によるものだ。

そして彼女はその被害者なのだろう、そう痛感したのです。

 

 

令和のこの時代に時代錯誤も甚だしい男女差別や女性蔑視に苛立ちを覚えました。

社会的な性別の違いによる役割分担に縛られることなく、
一人ひとりが自由に行動したり、自分らしく生きることができる社会、 

ジェンダーの平等の実現が絶対に必要だと思った瞬間でした。

 

 

(続く・・・・)

SPAWhite中国四国

女性用風俗(広島・岡山・高松・松山・山口・島根・鳥取・徳島・高知)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次