男尊女卑をなくすことは難しいのか? 女性向け風俗(広島・高松・岡山)

こんにちは!SPAWhite中国四国支部です。

今日は引き続き、私が女性向け風俗を始めようと考えたきっかけを中国四国(広島・岡山・香川(高松)を中心に近隣県(山口・島根・鳥取・愛媛(松山)・徳島・高知の皆様)にお住まいの皆様へお届けしたいと思います。

日本においては、まだまだ男尊女卑の社会習慣があり、会社や職場で不平等感を感じたことがある女性も多いでしょう。

業種や社風によっては、「仕事の中心になるのは男性」という考えの会社も少なくありません。

そういった会社では、女性が実質的には男性と変わらない成果を出しても、なぜか女性はスポットライトを浴びにくかったりします。

今や、女性でも男性以上の収入を得たり、出世したりする機会は平等に開かれているはずです。

会社役員や管理職を務める女性も増加しており、性別で収入の格差がついてしまうことは減少傾向にあります。

それにも関わらず「女性に負けるのは恥ずかしいことだ」と内心思っている男性が少なからず存在しているのも事実。

「女性なのにこういうことも知ってるんだ」「女性なのにそれだけ稼いでるんだ」など、女性なのに男性より上であることを、やたらと褒める風潮があったりもします。

「男性が主役で女性は男性の補助、支えるべき存在」と偏った考え方を持った残念な男性も多い。

一方、会社や職場に限らず「女性だから」という観点で、「蔑視」や「軽視」が生まれることも頻繁にあると思います。

「男性は外で稼いで家族を養う中心的な存在になるべきだ」「女性は家にいて家事をするべき」「育児は女性がするべき」など…

日本社会にはこのような類が、まだまだ潜在的に文化として残っている。

(続く・・・・)

SPAWhite中国四国

女性用風俗(広島・岡山・高松・松山・山口・島根・鳥取・徳島・高知)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次